サポート体制

1.事前に充実した日本語教育を

外国人技能実習の技能実習生を受け入れるにあたり、皆様が心配されるのが「日本語のスキル」です。
実習生は、現地での約5ヶ月間の「入国前講習」から、入国後約1ヶ月間の「集合講習」まで一貫したカリキュラムにより、コミュニケーション能力「聞く・話す」に重点を置いた日本語教育を受けてきます。
企業様配属までにN4レベルに達するよう指導しています。

2.教育に優れた送出し機関からの受入れ

当組合が提携している送出し機関は、外国人技能実習機構の正規認定を受けた教育機関です。
日本語教育はもとより、規律正しい生活と、日本文化や習慣の教育もしています。
また、実習生の質の向上のための職業訓練も充実しており、従事する職業の知識と技能を学ぶことができます。

3.経験豊富なスタッフ

当組合には経験豊富なスタッフが在籍しています。
受入れの準備段階から在留期間中の諸手続きのサポートや、緊急時の対応、企業様配属後には、毎月1回の定期訪問及び随時訪問を行っており、企業様からの相談、問題点の早期解決などに対応いたします。

4.安心の24時間対応

組合では24時間連絡可能な体制を整備しています。各国の公用語が堪能な職員が対応し、実習生とコミュニケーションをとることで実習生の悩みの解消、事故や失踪防止に努めます。

5.継続した日本語学習

配属後も継続した日本語学習と日本語能力試験の合格を推奨、サポートしています。
日本語力の向上は、良好な人間関係構築や技術の習得・生産力アップにつながり、実習生の帰国後の再就職などに役立ちます。

6.自然災害に備えて

災害時を想定し、各企業の寮に合わせ、避難場所を記載した「防災マップ」「防災カード」なども作成しています。

7.その他、ニーズに合わせた様々なサポート

その他にもニーズに合わせ様々なサポートをご用意しています。
・初めての外国人雇用企業向け異文化理解勉強会の開催
・配属前の各種技術免許取得(クレーンや玉掛け作業等の特別講習・技能講習)等
・専門用語などの翻訳  など

富安事業協同組合ならではの
さまざまなサポート体制で
お申込みから実習実施期間満了まで
受入れ企業様のお手伝いします