受入れの流れ

技能実習生受入れの流れ

お問い合わせ・ご検討

まずはお気軽にご相談ください。相談料はかかりません。御社のご要望やご事情をお伺いし、ご心配事を解消するようメリット・デメリット含めご納得いただくまでご説明いたします。

 

お申込み

技能実習生受入れ申込書を組合に提出

計画立案・現地求人・候補者の選抜

お申込み受付後、企業様の求人票を作成いたします。
現地送出し機関と連携し、すぐに募集を開始いたします。求人数の3倍ぐらいまで候補者をしぼりご紹介いたします。

 

現地面接・採用

現地面接には当組合の現地語堪能なスタッフも同行いたします。
企業様には送出し機関の教育現場、現地風景を実際にご覧いただきながら実習生の選考を行っていただきたいと思います。

 

実習生入国前講習開始・申請書類作成

採用が決定しましたら、実習生は現地事前講習を開始します。(約5ヶ月間)ここでは、日本語や礼節、日本の文化、仕事へ従事するための専門的知識を学びます。

 

入国⇒入国後講習

技能実習生は現地事前講習を終え、ようやく日本に上陸します。
当組合では空港まで出迎えし、入国後講習となる寮まで引率します。
入国後講習(約1ヶ月間)では、日本語、日本においての生活ルール、マナー、公共施設の使い方などの生活研修に重点を置いた学習を行います。

 

企業様配属・第1号技能実習開始

いよいよ企業様に配属となり技能実習のスタートです。
企業様においては直接指導・監督をするお立場になります。実習生との積極的なコミュニケーションをお願いします。
当組合からは定期訪問及び随時訪問し、都度問題点を解決しサポートをいたします。また、24時間体制の相談窓口もございます。実習生の生活や精神面についてもフォローし、技能実習の成果へと貢献いたします。

 

第2号技能実習開始

技能実習第1号において技能検定試験に合格した実習生は、さらに実践的な技能の習得のため、最長2年間の技能実習(第2号)を行うことができます。そして技能検定3級取得を目指します。
当組合のサポートは引き続き行います。

 

技能実習修了 ⇒ 帰国

3年間の実習を修了し、実習生は母国へ帰国します。
修得した技能を持って、母国の企業などで活躍していきます。